ジオプロダクトは大手通販サイト販売だから安心♪

安い鍋しか使ったことがないので重く感じますが!一人暮らしには丁度良いサイズです。ジオプロダクトの大きい鍋も持っていますが!重い事を除けば両方ともとても使いやすいお鍋だと思います。重さですが!一般的なIH鍋と変わらないかな・・・けっこうみんな重いので慣れてしまいました(笑)ただ!今までガラス蓋だったので中の様子が見られず吹きこぼしてしまったり蓋の取っ手が熱くなったり・・・ちょっと不便です。

下記の商品です!

2017年02月09日 ランキング上位商品↑

ジオプロダクトジオプロダクト GEO-14N 片手鍋 14cm Miyaco 宮崎製作所 GEO PRODUCT

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

後!使い始めに酢で拭くと綺麗に使えるそうですよ。下ゆで!離乳食作りにと大活躍です。ロング保証がある事。取っ手のデザインや素材はこれに限ります。けど無水調理などができるみたいだし、少しずつ慣れて使いこなしていきたいです。私もお金に余裕が出たらこちらのシリーズ買い揃えたいです!正直な所!以前使っていた同じサイズのお鍋より重いです。写真で見るより底が小さめで上に向かって大きくなっている感じです。今までの鍋は一体なんだったんだろうと思う程です。すばやくたいおうしていただいてよかったです。水を少し入れただけで、すぐに野菜が蒸し上がるので時短になります!色々なお鍋を検討したのですがまず日本製である事。厳選しながらあと2種類ほど欲しいところです。。ステンレス製ですので、生活感もなくオシャレにキッチンに溶け込みますよ。一人分、二人分の味噌汁用や少量の茹で野菜を作るのに購入しました。ビックリするくらい使いやすい!大きさもちょうどよくていいかんじです。予算の都合上、必要最小限でこちらと21cmフライパン、20cmの鍋を買いました。沸騰したら!とろ火(1〜2)で!仕上げはふたをしたまま火を消して余熱で放置できるのでエコかと。料理するのが楽しくなりそうです。。大きさ違いで3個目ですが!とてもいいお鍋だと思います。」というのはいいことですね!私自身もこのデザインのスタイリッシュさ、使いやすさ(熱伝導率の高さには驚き)、洗い易さには本当に関心してます!母が他のシリーズが欲しいという気持ちにも納得!しかし『品質保障15年』には驚かされました。今回は小さい物が欲しいといわれたのでこちらでお安く購入する事が出来ました!何でも『日本製』がいいと強いこだわりを持つ母。このサイズでこの価格は少し高めかもしれませんが汚くなって買いかえるなら絶対にお得だと思います。。それだけ自信が無いと出来ない事ですね!凄いです!この大きさのお鍋でミルクを温めたり!少量のお味噌汁を作ったりしています。本当にいい商品なので友達にも勧めています。野菜の美味しさにビックリです。こちらのお鍋で我が家のジオコレクションは9つ目です^_^焼く!煮る!蒸す!揚げる。小さなお鍋でちょっと揚げ物ができるのでいいですね。引っ越してIHになって以来、小鍋なしでやってきましたが・・・離乳食を作ったり、やはり小鍋が必要だと実感し、いろいろ検討した中でこちらを選びました。お手入れが簡単なので鍋底に汚い焦げなど出来ていません。焦げ付きもないし、あったとしてもすぐに取れます!このシリーズは母が13年前に購入した物でした。ジオ鍋は、16,18センチの鍋をすでに購入し、使用してましたので一人暮らしには、もう少し小さな鍋のほうがいいのではないかと思いかいたし買い足しました。サイズを16cmとひたすら迷って14cmにしました。こちらのショップで!前回はこのシリーズの両手鍋(18cm、20cm)を購入しましたが!家族4人(夫婦!幼児2人)のお味噌汁用に18cmを使用していましたが!半分以下の量でもいつも残ってしまって大きすぎたので!今回14cmを購入しました。小さなサイズですが、主に二人分の汁ものや、付け合わせの野菜を蒸したりするのにとてもちょうど良いです。がなーんでも出来るのでとっても便利です。うちのお味噌汁の普通のサイズのお椀でよそうくらいのお水を入れたところ!3杯でお鍋の半分より少し上です。火力は中火以下(5くらい)で割とすぐに沸騰してくれます。16センチと迷いましたが!14センチで十分でした。満タンにはなってしまいますが、作りすぎて残ってしまうよりも入りきるだけ作って完食!のほうが気持ちがいいです^^子供たちが成長したら、ちょっと足りなくはなると思います。ステンレスフライパン!鍋を使うとアルミには戻れないですね。無水調理もできるし!蓋が重いので1合くらいならお米も炊けます。長くなりましたが、ジオ鍋は片手鍋が使いやすいです。説明書に書いてありました。ただ、今申し上げたのは、18センチの鍋がベストですね。出来る事ならもう少しお安いとお財布に優しいのですが…。ほうれん草を洗いそのまま、蓋をして無水で加熱して早めに引き揚げ水に浸さず絞ってポン酢とゴマをかけて召し上がってみて下さい。「多少高くても”日本製のいい物”を買う。一番ビックリしたのが約1年使用した今でもピカピカです。ただ!少々重いので!筋力がいるのが難点といえば難点かも。火加減を気を付けると!ガスでも長い取っ手は熱くなりづらいです。片手鍋ですが取っ手と反対側に小さい取っ手がついているのでとても使いやすいです。この鍋は、中火から弱火を守り、蓄熱効果の余熱を計算しながら使うと野菜の美味しさを生かせます。今回14,18片手、20両手、25浅両手を購入しましたがこれが一番よく使っています。機能性デザイン製、全てを検討して行き着いたのがこのジオの商品です。独り暮らしと二人には!いいサイズ。14cmだとちょっとした一品を作ったりして手軽に出せて便利です。しかし、それを上回る仕事をしてくれ助かってます。取っ手が熱くならないのもいいです。お味噌汁と、野菜を少し煮たり二人分としては無駄のない理想の量なので、14cmで良かったと思います。